葛藤はいつになっても絶えることはない

葛藤や苦悩は、いつになっても絶えることはありません。

もっとも、その意味が問題ですが……。

地上では、人間を支配しようとする二つの力の間で絶え間ない葛藤があります。

一つは、動物的先祖とでも言うべきもの、つまり身体的進化に属する獣的性質と、神性を帯びた霊、つまり無限の創造の可能性を付与してくれた神の息吹きです。

その両者のどちらが優位を占め、維持するかは、地上生活での絶え間ない葛藤の中で、自由意志によって選択することです。

私たち霊の世界へ来てからも葛藤はあります。

それは、低い霊性の欠点を克服し、高い霊性を発揮しようとする絶え間ない努力という意味です。

完全へ向けての努力、光明へ向けての努力というわけです。

その奮闘の中で不純なものが捨て去られ、強化と精練と試練を経て、ようやく霊の純金が姿を現します。

私たち霊の世界にも悩みはあります。

しかし、それは魂が自分の進歩に不満を覚えたことの表れであって、ほんの一時のことに過ぎません。

完成へ向けての長い行進の中での、短い調整期間のようなものです。
f0328373_20592981.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-02-22 21:01

霊訓中の霊訓


by ice-kiss