実によりて人を知るべし

私たち霊が、絶対に誤りを犯さないとは申しません。

もっとも、故意の偽りを述べることとは全く別問題です。

実によりて木を知るべし。

これは実に良い判断方法です。

もし、利己主義や欲得をあおるような、あるいは世間への義務をおろそかにさせたり、汚い考えや隣人への思いやりに欠ける言説を吐くようなことがあったら、もしも慈悲の心を忘れさせ、自分本位の生き方を勧めるようなことがあったら、それが立派な罪悪性の証拠と言えます。

が、私たちの教え、私たちの説く思想は、霊界から発せられる全てのものの底流にある唯一の動機、すなわち“人のために自分を役立てる”ということを、第一に強調するものです。

皆さんも互いに助け合い、自分が得たものを他人に分け与え、かくして神の恩寵が世界中に広がるように努力して頂きたいのです。

実によりて人を知るべし。

これが最後に勝利を収める方法です。

なぜなら、それが神の御心であり、その神は愛と叡智によって動かされ、大自然の法則を通じて働いているからです。
f0328373_22374050.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2015-02-14 22:40

霊訓中の霊訓


by ice-kiss