死とは第二の誕生である

“生”を正しい視野で捉えていただきたい。

その中で“死”が果たしている役割を理解していただきたいと思います。

人間は、あまりに長い間、死を生の終わりと考えて、泣くこと、悲しむこと、悼(いた)むこと、嘆くことで迎えてきました。

私たち霊は是非ともその無知 ー 死を生の挫折、愛の終局、情愛で結ばれていた者との別れと見なす無知を取り除きたいのです。

そして死とは、第二の誕生であること、生の自然な過程の一つであること、人類の進化における不可欠の自然現象として神が用意したものであることを、理解していただきたいのです。

死ぬということは、生命を失うことではなく、別の生命を得ることなのです。

肉体の束縛から解放されて、痛みも不自由も制約もない自由な身となって、地上での善行の報いを受け、叶えられなかった望みが叶えられる、より豊かな世界へ赴いた人のことを悲しむのは間違いです。
f0328373_21181679.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-12-06 21:06

霊訓中の霊訓


by ice-kiss