導きを祈り求めることです

問題が生じるのは当然の成り行きです。

地上は、困難と、挫折と、障害と、逆境に、遭遇させられる場所なのです。

地上生活のそもそもの目的は、伸び行く魂が、危機において、はじめて呼び覚まされる、潜在的資質を発現するために、様々な事態に遭遇することにあるのです。

そうした問題を克服しないかぎり、霊性の向上は望めません。

が、実は克服できないほど大きな問題は、決して背負わされないのです。

忍耐強く導きを祈り求めることです。

時が熟せば、必ずドアが開かれ、道が示されます。

私は、そのことを同志の方に、いつも、こう申し上げております。

ー 閉めきられたドアを忙(せわ)しく叩いてはいけません、と。
f0328373_21274710.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-10-01 21:19

霊訓中の霊訓


by ice-kiss