守られる人と守られない人

ー 各自に守護霊がついているということですが、もしそうならば戦争のさなかにおいて守られる人と守られない人とがいるのはなぜでしょうか?

「その時点でのもろもろの事情によって支配されているからです。

各自に守護霊がいることは事実ですが、ではその事実を本当に自覚している人が何人いるでしょうか。

自覚がなければ、無意識の心霊能力を持ち合わせていないかぎり守護霊は働きかけることはできません。

霊の地上への働きかけはそれに必要な条件を人間の方が用意するかしないかにかかっています。

霊の世界と連絡のとれる条件を用意してくれれば、身近な関係にある霊が働きかけることができます。

よく聞かされる不思議な体験、奇跡的救出の話はみなそれなりの条件が整った時のことです。

条件を提供するのは人間の方です。

人間の方から手を差しのべてくれなければ、私たちは人間界に働きかけることができないのです。」
f0328373_2215189.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-07-15 22:03

霊訓中の霊訓


by ice-kiss