自分が失ったものを嘆いている

苦痛と老いと疲労と憂鬱から解放された人をなぜ悲しむのでしょう。

暗闇から脱して光明へと向かった人をなぜ悲しむのでしょう。

霊の本来の欲求である探求心を心ゆくまで満足できることになった人をなぜ悼むのでしょう。

それは間違っております。

その悲しみには利己心が潜んでおります。

自分が失ったものを嘆いているのです。

自分が失ったものを自分で耐えていかねばならないこと、要するに自分を包んでくれていた愛を奪われた、その孤独の生活を嘆き悲しんでいるのです。
f0328373_21573184.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-06-07 21:59

霊訓中の霊訓


by ice-kiss