霊的流入を遮断する一種の壁

人間は物質の中に埋もれた生活をしているために、バイブレーションが低くなっております。

朝目を覚まし、まだ意識が完全に働かないうちから、あれやこれやと煩わしいことや心配事の波にのみ込まれていきます。

大きい悩み、小さい悩み、真実の悩み、取り越し苦労に過ぎぬもの、等々いろいろあります。

いずれにせよ全ては一時的なものに過ぎないのですが、そういうものに心を奪われてしまうと、背後霊が働いてくれている事実を忘れ、あなた方の思考の流れの中から霊的要素が閉め出され、霊的流入を遮断する一種の壁をこしらえてしまいます。
f0328373_2225264.jpg

[PR]
by ice-kiss | 2014-05-29 22:26

霊訓中の霊訓


by ice-kiss