「人間に可愛がられた動物は、霊界でずっと待ち、その人が他界してきた時に出迎えます。

永遠に消滅することのない個的存在を与えてくれた人ですから、必要な限りずっと待っています。」

一 全ての動物は、人間との縁を通して個的存在を得るようになっているのですか?

「そうです。

人間が動物に対する愛を発揮すればするほど、動物も愛を発揮するようになり、聖書の中のオオカミと小羊のように、人間と動物が並んで寝そべるようになります。」
f0328373_22123186.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-04-29 22:05
若者は一筋縄ではいきません。

この交霊会に参加している人の誰一人として、若い時に大人を手こずらせなかった人はいません。

大人になるにつれて、若者特有の反抗的性格が薄らいでいきますが、若い時は大人が世の中をめちゃくちゃにしている、自分が建て直すのだと思っていたはずです。

が、成長して理解力が芽生えると、知らず知らずのうちに恩恵を受けていることが沢山あることに気づいて、感謝しなければならないと思いはじめます。

こうしたことも両極の法則、バランスの原理の一つです。

つまり若い人と年配の人がそれぞれの役割を持ち、男性と女性の関係と同じく、補い合うようになっているのです。

全生命は完全なバランスで成り立っています。

それぞれの存在が正しく行動すれば、全体が調和するようになっているのです。

ですから年輪を重ねた大人は、大らかな心、ゆとりある態度で、これから数々のことを学んでいく若者を見守らねばなりません。
f0328373_21462386.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-04-28 21:46

恵まれない人を救う能力

人間一人一人、異なっていながら根源は同じです。

同じ神によって命を与えられているからです。

が、表現の仕方は多岐に渡り、全く同じ個性は二つと存在しません。

しかも神からの贈り物として、自分より恵まれない人を救う能力も与えられています。

あなたも例外ではありません。

その能力を発達させるのが、あなたの義務です。

必ずしも霊的能力に限りません。

他にも全ての人間が持ち、世の中を豊かにする才能がたくさんあります。

全ての人間がそれぞれ、与えられている才能を発揮すれば、どれだけ世の中が明るくなるでしょう。
f0328373_00565026.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-04-28 00:56
私の教えを世間に公表する時に、私のことをまるで全知全能であるかのように紹介しているために、私もそれに恥じないように努力しなければなりません。

しかし実際、私は永遠の真理を少し学んだだけです。

それを受け入れる用意の出来た地上の人たちに、分けてあげようとしているところです。

そこが大切な点です。

受け入れる用意が出来ていないと駄目なのです。

真理は、心を固く閉ざした人の中には入れません。

受け入れる能力のあるところに居場所を見つけるのです。

真理は神と同じく無限です。

あなたが受け取る分量は、あなたの理解力次第です。

理解力が増えれば、さらに多くの真理を受け取ることが出来ます。

しかも、この宇宙について全てを知り尽くすことは、いつまでたっても出来ません。
f0328373_22051725.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-04-26 22:05
簡単な方法で得たものは、簡単に捨て去られるものです。

霊的向上の道は長く、ゆっくりとして、困難です。

霊的褒賞は、奮闘努力と犠牲によって得られるのです。

霊的向上に近道はありません。

即席の方法はありません。

奮闘努力の人生の中で、魂が必死の思いで手に入れなければなりません。

聖者が何年もの修行の末に手にしたものを、利己主義者が一夜のうちに手にすることが出来たら、神の法則はまやかしだったことになります。

それはまさしく神の公正を愚弄するものです。

一人一人の魂が努力によって、成長と発達と進化を達成しなくてはならないのです。
f0328373_23173963.jpg

[PR]
# by ice-kiss | 2017-04-25 23:17

霊訓中の霊訓


by ice-kiss